メインコンテンツへスキップ
CIVIL 作成 編集

[Civil] 梁要素の応力検討位置を変更したり、追加する方法を教えてください。

質問

梁要素の応力検討位置を変更したり、追加する方法を教えてください。

 

回答

  断面マネージャー機能で応力点を追加し、梁要素の詳細解析機能で追加した応力点の結果を確認することができます。

 梁要素の応力度成分のうち、Sbzは断面の上端と下端の結果値のうち絶対値が大きい値で、Sbyは断面の左端と右端の結果値のうち絶対値が大きい値です。 つまり、断面の中立軸から要素座標系のz軸方向にCzpCzmだけ離れた位置の値から絶対値が大きい値がSbzで、要素座標系のy軸方向にCypCymだけ離れた位置の値から絶対値が大きい値がSbyです。

 

 

規格/ユーザータブで定義した断面は、断面プロパティダイアログに表示される値を変更できないため、応力の出力位置は固定されています。 ただし、[値入力]タブで定義した断面は、断面プロパティダイアログで剛性値を直接入力できるため、Cyp、Cym、Czp、Czmの値も直接入力して応力の出力位置を変更できます。

規格/ユーザータブで定義した断面は、梁要素の応力度の出力位置を変更できませんが、応力の出力位置を追加するはできます。応力の出力位置は、断面マネージャーの応力点モードで追加できます(材料/断面> 断面> 断面マネージャー> 応力点) 。下図の青い1~6点は、追加した応力点を示します。

 追加した応力点の結果は、梁要素の詳細解析の断面タブで確認できます。

(結果 > 詳細 > 梁要素の詳細解析)

断面マネージャー機能による応力点の追加や梁要素の詳細解析での結果の確認方法については、「断面マネージャーの活用」技術資料を参照してください。

0
コンテンツが役に立ちましたか?