メインコンテンツへスキップ
CIVIL 作成 編集

[Civil] 断面を変更せずに要素の断面剛性を変更したいです。

質問

断面を変更せずに要素の断面剛性を変更したいです。

 

回答

断面マネージャーのStiffness Scale Factor機能を使用して断面剛性を変更できます。

 “プロパティタブ > 断面グループ > 断面マネージャー”の 剛性増減係数では、線要素(トラス、引張専用、圧縮専用、ケーブル、ギャップ、フック、梁要素)の断面特性を増減します。特定の剛性成分だけを増減する際に便利です。また、定義した断面剛性の増減係数は境界グループ化でき、施工段階解析時に各施工段階で変化する断面剛性を考慮する際にも有用です。 施工段階解析の合成断面にも適用でき、各断面パーツに剛性増減係数を適用した場合は、ここで定義した断面増減係数が重複して適用されます。

 断面剛性の増減係数は、変位と断面力の計算にのみ使用され、応力計算時には元の断面特性を使用します。 ただし、解析制御データで“応力計算時に断面性能の増減係数を考慮する”オプションを設定すれば、応力計算でも増減された断面特性を使用します。これと同様の機能として、“有効幅の増減係数” 機能があります。有効幅の増減係数で計算された断面特性は応力計算にのみ使用できますが、境界条件の扱いのために、施工段階解析で特定の施工段階に有効幅を考慮して剛性を増減させるときにも使用できます。

0
コンテンツが役に立ちましたか?